便秘とダイエット

便秘とダイエット

便秘すると太る・・・その理由とは?

便秘はダイエットの大敵というけど、なぜ?

 

 

便秘になると太る・・・あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

でもなぜ、便秘になると太るのでしょう。

 

 

 

そのからくりを解説しておきましょう。

 

 

便秘=毒素がいつまでも体内に蔓延している状態

 

 

 

便秘とは、便が腸内にずっと溜まっている状態だということはご存じだと思います。

 

便は、”体に必要ない老廃物” です。

 

 

 

 

ところで、人間には体温があります。

 

多くの人は、36℃〜37℃という体温を保持しています。

 

 

 

便秘で便がずっと体内に溜まった状態だと、体温で常時暖められているために
腐敗が進むことになります。

 

 

腐敗が進む便からは、毒素が次々に放出され、それは腸内の毛細血管に吸収され
体中を巡ります 。

 

 

 

当然、毒素は体中の細胞へも運ばれるため、細胞の機能は阻害されることになります。

 

 

また、体の毒素を分解する働きをしているのは肝臓です。

 

 

肝臓は、通常体内に入ってくるウィルスや細菌、その他体に有害な毒素の排除に加え、
便から放出された毒素の排除までも請け負う事になります。

 

 

 

人間で言えば、一人にものすごく負担がかかっている状態です。

 

代謝 低下 年齢

 

 

 

体の新陳代謝という大切な仕事も受け持っている肝臓は、 毒素の排除に忙殺され、
その結果体の新陳代謝がおろそかになります

 

 

新陳代謝の機能が低下すると、脂肪をエネルギーに変えて燃やす働きが弱くなります。

 

 

その結果、運動しているのにエネルギー変換がうまくいかず、すぐに疲れやすくなり
しかも脂肪はいつまで経っても燃やされず、蓄積のほうが多くなる、というわけです。

 

 

 

つまり新陳代謝が悪くなることで、燃やされてエネルギーになるはずの脂肪が減少し、
逆に蓄積される脂肪のほうが上回ってしまうのです。

 

 

 

便秘になると肌荒れを起こす、というのも同じ原理で、 肌の新陳代謝がうまくいかなく
なるために古い角質がいつまでも残り、肌がガサガサになってしまう わけですね。

 

 

 

便秘は百害あって一利なし!

 

便秘気味の人は、まずは腸内環境を整えて便秘を解消すると共に、肝臓の機能を
正常に戻す事が大切ですよ。

 

 

「肝心要(かんじんかなめ)」という言葉があるとおり、肝臓は本当に大切にしてください。

 

 

そして、あなたは

 

食べる事には情熱を燃やすけれど、出す事には無頓着ではないですか?

 

 

体内循環を良くする事は、肥満を防ぎ、食べたものを効率良くエネルギーに変えて
太りにくく痩せやすい体を作る事につながります。


ホーム RSS購読 サイトマップ