流行のダイエット

流行のダイエット

流行のダイエット方法を追う危険性

一時的には有効な”流行ダイエット”の危険性

 

 

痩せてきれいになりたい
スーツの似合う体になりたい
あのかわいい服が着たい

 

 

 

・・・痩せて適正な体重になる事は、多くの人が望んでいる事です。

 

そんな、人のダイエット欲求を利用しているのが、流行のダイエット方法

 

 

 

 

朝○○ダイエット、夜○○ダイエット、○○置き換えダイエット・・・

 

それこそ星の数ほどあると言われるダイエット方法は、一時的には効果を発揮します。

 

 

 

テレビで流行ったこれらのダイエットの危険性についてご紹介します。

 

 

 

マスコミは、基本的に無責任!

 

テレビ番組の正体って、何でしょう?

 

テレビの主役は、CMです。
テレビコマーシャルが主役です。

 

 

CMを観てもらうために、テレビ局は役に立ちそうな番組、おもしろい番組を制作します。

 

つまり、CMを見せるための釣り、それが番組です。

 

 

番組は、視聴率を稼ぐために”おもしろい!”と思わせれば勝ちです。

 

 

 

テレビ局にとってダイエット番組は、今までに無かったようなアプローチで”痩せた!”という

 

 

多くの人があっと驚くような発想のダイエット方法が必要

 

 

なんです。

 

 

 

だから、「え、こんな方法で?」 「この食材をこの場面で?」
といった、突拍子もない方法がウケる わけです。

 

 

 

それら突拍子もない方法は確かに注目を集めるでしょう。

 

しかし本当にダイエットできるのか?というと、そうではありません。

 

 

 

画期的とも言える変わったダイエット方法は、一時的に注目されても、結局は
継続ができない ためリバウンドという結果を生みます

 

 

 

 

テレビ番組は、”本当に役に立つ”よりも、”注目されるおもしろさ”の方を重視 します。

 

そうでないと、本当にみんながダイエットに成功してしまったら、ダイエット関係の
スポンサーはその後、そのテレビ局にはCMを出しにくくなるから。

 

 

 

 

ダイエットに成功して

 

ナイスなスタイルを得てしまった人は、もうダイエット商品に興味は失せてしまいます

 

からね。

 

 

 

 

ダイエット商品は、太っていてダイエットしたい人がいてこそ成り立つビジネスです。

 

テレビ局は視聴者の注目を集め、スポンサーにCMを打ってもらう事で成り立っています。

 

 

 

 

少し極端かもしれませんが、

 

 

突拍子もないダイエット方法の番組で注目を集め、多くの人にそれを実践してもらい、
そして失敗してリバウンドしてもらう。

 

そこに新たなダイエット関連のスポンサーがCMを打つ・・・。

 

 

これを永遠に繰り返す事で、テレビ局は永久にスポンサー料が入ってくる

 

というわけです。

 

 

 

 

 

ダイエットビジネスに限らず、他のビジネスにも同じ事が言えます。

 

注意深くテレビ局とスポンサーの関係を観ているとわかりますが、テレビ局は決して
スポンサーの不利になるような番組は放送しません。

 

 

 

ダイエットは、結局のところ「消費カロリー」と「摂取カロリー」 なんです。

 

需要と供給の関係です。

 

 

 

テレビで流行ったからといって、そのたびに流行を追いかけるようなダイエット
をするのは、自らテレビ局のワナにはまりに行くようなものです。

 

 

本質を見極めることは、誰のためでもない、自分のためですから。


ホーム RSS購読 サイトマップ